切る手術

包茎手術というもののいろいろな方法があります。複合曲線作図法は、包茎の状況から切り取るラインを緻密な計算に基づいて決定していく方法です。このような手術を採用しているクリニックもあります。個人の包茎の状態に合わせ緻密に手術を行うから、手術跡が目立たないメリットがあります。

性感帯である小帯を避けてV字にカットする方法は、Vカット小帯温存法と言われています。見た目がほとんど変わらないというメリットがあります。クランプ法は、クランプという機器を使用して包皮の余った部分を切断する方法です。手術時間も短かくて済みます。亀頭下環状切開術は、亀頭直下埋没法とVカット小帯温存法を組み合わせた方法です。自然な仕上がりにすることが出来ます。

亀頭直下埋没法は、亀頭の下を切断して、皮を縫合していきます。陰毛近くの陰茎付け根の部分を切り取り行う方法が、根部環状切除術です。実際にこのような感じで、切る包茎手術にもいろいろな種類があります。しかし、切る包茎手術というイメージにも既に心がひるんでいる人たちも多くいらっしゃることでしょう。包茎手術は切る手術だけではないのです。次には、切らない包茎手術というものを紹介しましょう。