包茎手術には種類がある?

果たして包茎手術って必要なものでしょうか。そもそも、日本の人たちが悩んでいるものって、仮性なのです。日本人のほとんどが仮性とも言われていますし、全然気にしないで生活をしている人たちだって一杯います。あなたの包茎が仮性なら、それほど真剣に手術に悩む必要はないと思うのです。医学的に治療の必要が無いものなのです。

ただし、手術が必要というケースもあるようです。カントンがその一つであり、包皮が狭いのにも関わらず、無理やりむいてペニスが締め付けられている状態を言います。カントンによって鬱血した状態になっている人たちも多くいらっしゃるようです。ペニスが壊死に至ることもある恐ろしい病気です。カントンの手術は健康保険が適用もされます。それほど料金も高くなく、スピーディーに治療出来るメリットもあります。

そして、真性という人たちもいます。真性という人たちも、手術すべき方向性に間違いはありません。真性という場合でも、健康保険が適用されます。性交渉に問題をきたしたり、亀頭が露出できないために非常に汚れがたまりやすくなり、炎症が起こる可能性もあります。

ただし、カントンと比較すれば、緊急性はないようです。緊急性がないと言えば、またまた手術の判断に迷ってしまうかもしれませんが。今、手術の方法でも、切る手術と、切らない手術があるようです。切らない手術って一体どんな感じなのでしょうか。ここで、一緒に考えて行きましょう。