切らない手術

包茎手術には、切らない手術というものもあります。切らない包茎手術のメリットは、やっぱり、ほとんど痛みがないということです。切らない手術だから、回復もとても早いようです。更に、切らない手術だから、傷跡も残らないです。性交渉は手術をしてスムーズに出来るかもしれませんが、相手に手術の傷跡を見られてしまうことに対して、コンプレックスを抱くことになるかもしれません。出来れば、やっぱり傷跡もない綺麗な手術をしたい思いはあるはずです。

そして、切る手術よりも、切らない手術だから、全然費用も安く済ますことが出来ます。更に切らない手術だから、もう一度もとに戻そうと思えば、それもそれほど難しくなく出来てしまうことにあります。

しかし、切らない包茎手術が、誰でも出来るということではなくて、若い人たちでないと、持続が難しいとも言われています。年齢がいき皮がたるむことで皮に余りがでてきた場合などは、調整のために再度手術を受ける可能性があるという点があります。切らない手術は手っ取り早い方法であり、当日にシャワーを浴びてから性行為も出来ます。痛みのない手術で失敗もなくコンプレックスを解消できるのが最大のメリットであるため悩みがあるけれど痛いのは嫌だという方は一度行ってみるのもいいでしょう。

切る手術

包茎手術というもののいろいろな方法があります。複合曲線作図法は、包茎の状況から切り取るラインを緻密な計算に基づいて決定していく方法です。このような手術を採用しているクリニックもあります。個人の包茎の状態に合わせ緻密に手術を行うから、手術跡が目立たないメリットがあります。

性感帯である小帯を避けてV字にカットする方法は、Vカット小帯温存法と言われています。見た目がほとんど変わらないというメリットがあります。クランプ法は、クランプという機器を使用して包皮の余った部分を切断する方法です。手術時間も短かくて済みます。亀頭下環状切開術は、亀頭直下埋没法とVカット小帯温存法を組み合わせた方法です。自然な仕上がりにすることが出来ます。

亀頭直下埋没法は、亀頭の下を切断して、皮を縫合していきます。陰毛近くの陰茎付け根の部分を切り取り行う方法が、根部環状切除術です。実際にこのような感じで、切る包茎手術にもいろいろな種類があります。しかし、切る包茎手術というイメージにも既に心がひるんでいる人たちも多くいらっしゃることでしょう。包茎手術は切る手術だけではないのです。次には、切らない包茎手術というものを紹介しましょう。

包茎手術には種類がある?

果たして包茎手術って必要なものでしょうか。そもそも、日本の人たちが悩んでいるものって、仮性なのです。日本人のほとんどが仮性とも言われていますし、全然気にしないで生活をしている人たちだって一杯います。あなたの包茎が仮性なら、それほど真剣に手術に悩む必要はないと思うのです。医学的に治療の必要が無いものなのです。

ただし、手術が必要というケースもあるようです。カントンがその一つであり、包皮が狭いのにも関わらず、無理やりむいてペニスが締め付けられている状態を言います。カントンによって鬱血した状態になっている人たちも多くいらっしゃるようです。ペニスが壊死に至ることもある恐ろしい病気です。カントンの手術は健康保険が適用もされます。それほど料金も高くなく、スピーディーに治療出来るメリットもあります。

そして、真性という人たちもいます。真性という人たちも、手術すべき方向性に間違いはありません。真性という場合でも、健康保険が適用されます。性交渉に問題をきたしたり、亀頭が露出できないために非常に汚れがたまりやすくなり、炎症が起こる可能性もあります。

ただし、カントンと比較すれば、緊急性はないようです。緊急性がないと言えば、またまた手術の判断に迷ってしまうかもしれませんが。今、手術の方法でも、切る手術と、切らない手術があるようです。切らない手術って一体どんな感じなのでしょうか。ここで、一緒に考えて行きましょう。